顧客管理の使い方

顧客管理の使い方をみていきましょう。

顧客一覧を表示する

まずは顧客管理画面の見方です。

メニュー → 顧客管理 をクリックします。



  1. 顧客登録をクリックすると、新しく顧客を登録できます。
  2. 顧客氏名カナで、絞り込みできます。
  3. 性別、絞り込みできます。
  4. 検索を実行します
  5. 顧客一覧の1ページあたりの表示件数を変更できます。初期は10件表示です。
  6. 顧客情報を一覧表示します。項目をクリックするたびに「昇順・降順」で並べ替えを行います。たとえば「カナ」をクリックすると五十音順で並べ替えます。
  7. 顧客の詳細情報ページを表示します。


なお、スマホで顧客管理を見た場合、顧客一覧にある「+」ボタンをクリックすると顧客情報が確認できます。


次のように顧客一覧に表示されていない項目が表示されます。




顧客の詳細情報を確認する

顧客の詳細情報をみていきましょう。

メニュー → 顧客管理 → 鉛筆アイコンをクリックします。



顧客の詳細ページが表示されます。


  1. 顧客一覧ページへ戻ることができます。
  2. 顧客氏名で、絞り込みできます。
  3. 性別、絞り込みできます。
  4. 検索を実行します
  5. 顧客情報を一覧表示します。
  6. 顧客氏名をクリックすると、顧客詳細ページを表示し詳細情報を確認できます。
  7. 「6」と同様、顧客詳細ページを表示します。


顧客情報を登録する

それでは顧客情報の登録の仕方をみていきましょう。

メニュー → 顧客管理 → 顧客登録をクリックします。



顧客登録ページが表示されます。氏名や連絡先、住所などを入力します。

なお、氏名(カナ)以外は任意入力ですので、まずは氏名だけ入力しておき、その他の情報は時間のあるときに入力していくのも良いかもしれません。



最後にページの下部にある保存ボタンをクリックすれば顧客登録が完了します。



保存された顧客情報は、次のように一覧上に表示されます。



スケジュールページでの顧客登録

スケジュールページで顧客情報を入力した場合も、自動的に顧客管理に登録されます。

スケジュールページからは次の項目が入力できます。

  • 氏名(カナ)
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 性別

それ以外の情報、たとえば住所やVIP/常連/注意などはこちらの顧客管理ページで編集してください。


CHECK:顧客住所を登録しておくと顧客マップに表示されます。顧客エリアが地図上に表示され、現状の把握や今後集客を強化すべきエリアが可視化されます。


顧客情報を編集する

続いて、顧客情報の編集方法についてです。

メニュー → 顧客管理 → 鉛筆アイコンをクリックします。



次に顧客の詳細ページの上部にある編集ボタンをクリックします。



顧客情報の編集ページが表示されます。編集したい項目を入力します。


最後に保存ボタンをクリックすれば編集内容が保存されます。


顧客情報を削除する

最後に顧客情報の削除の仕方です。

メニュー → 顧客管理  顧客一覧で該当の顧客名または鉛筆アイコンをクリックします。

表示される顧客情報ページの最下部にある顧客情報を削除するボタンをクリックします。



顧客情報削除の確認ページが表示されます。「削除する」をクリックすると顧客情報の削除が完了します。

この内容はお役にたちましたか?

はい いいえ

キーワードでヘルプを探す

ヘルプセンターで解決しない場合、こちらからお問い合わせください

お問い合わせ